しわ取りで若返り

整形箇所

高い保湿性能を持ち、人間の体の潤いを普段から保っているばかりか、プチ整形に活用することでさまざまなコンプレックスを解消することができるヒアルロン酸。ヒアルロン酸を、例えば鼻に注入する際にはメスで切開することがないので、目立たずに手軽に美しい外見を手に入れることが可能です。人体に害を及ぼさないのも嬉しく、周りに整形したことがバレずに「あれ、きれいになったかな」と思わせることも十分に可能です。こういった手軽さ、さりげなさが、プチ整形のいいところです。

そんなヒアルロン酸は、鼻に注入して鼻筋を整えたりあごに注入してきれいなフェイスラインを作ったりする以外に、顔にできてしまったしわを取る効果もあります。
たとえば、鼻の両側にできてしまうほうれい線。だれにでも存在するほうれい線ですが、これが深いと年齢より老けて見えてしまいます。実年齢より老けてみられることは、多くの女性にとって屈辱ともいえることです。このほうれい線が出てくるのが嫌で笑うのを控えてしまい、顔の筋肉を使わなくなってさらに小じわが増えてしまう、なんてバッドスパイラルも考えられます。しわを取るためにはむしろ笑った方がいいとわかっていても、ほうれい線が邪魔して素直に笑えないという女性は多くいます。
そんなときに利用できるのが、ヒアルロン酸注入を用いたプチ整形です。ヒアルロン酸は注射器を用いて注入するだけなので、傷跡もとても小さく、腫れもかなり少ないというメリットがあります。その上で、この保湿成分がしわの深さを軽減してくれるのです。

ヒアルロン酸注入で改善できるのは、ほうれい線だけではありません。たとえば、額や眉間にできてしまったしわも年齢を感じさせてしまうものですが、こういったしわの部分に注入することでも改善することが可能なのです。ヒアルロン酸注入はプチ整形のため、一般的な美容整形に比べて安価で、比較的挑戦しやすいといえます。美容外科では施術の前に十分なカウンセリングを設け、どのような感じでしわ取りをするのかということが医師とよく話し合われます。そのため、親身になって聞いてくれる美容外科を選ぶことで、さらに満足のいくしわ取りが可能となります。

ちなみにヒアルロン酸は、しわを取るだけでなくくぼんでしまった部分をふっくらさせることも可能です。たとえば、痩せ型といえば聞こえはいいものの、頬がくぼんでこけて見えてしまっては不健康な印象が拭えません。また、こめかみのくぼみが深いと、自然なフェイスラインを作ることが難しくなります。こういった部分に、ヒアルロン酸を注入してふっくらさせることができるのです。