筋肉を緩めてしわ取り

自分が好きになる

美容整形というと、なかなか大掛かりな手術を想像する人が多いことでしょう。実際、全身麻酔を使って大掛かりに行う美容整形も存在します。しかし、きれいになりたい、長年持っていたコンプレックスを今こそ解消したいと思っていても、そういった美容整形へいきなり踏み出すのはなかなか怖いもの。
そんなときは、簡単な施術で確かな変化が得られる「プチ整形」から試すことができます。メスを使用しない、つまり体のどこかを切開することのないプチ整形ならば料金も手頃ですし、初めての人が挑戦するのにぴったりだといえます。

そんなプチ整形のなかにも、とてもさまざまな種類があります。現在プチ整形は多大なる支持を集めており、その需要も相まって、さまざまな技術やノウハウが各美容外科において積まれてきたのです。そのため、プチ整形は多くの見た目におけるコンプレックスに対応しています。
そのなかのひとつに、「しわ取り」があります。特に自信の顔のパーツにおいて不満がなかったとしても、しわは一本一本が見た目を老けて見させてしまうので、多くの女性にとっては大敵です。しかし現在はストレス社会ということもあり、しわを刻みやすい環境にあるといえます。しかしプチ整形であれば、このしわを除去することが可能なのです。

ヒアルロン酸を使用するしわ取り方法もありますが、ここで紹介したいのは「ボツリヌス・トキシン」と呼ばれている物質です。別名、ボトックスとも呼ばれています。ボツリヌス・トキシンはタンパク質の一種で、注入することによりその部位の筋肉の働きを弱める作用があります。筋肉の働きを弱めるというとなんだか効果があるようには思えないかもしれませんが、顔にできるしわは表情筋が収縮してしまうことにより発生しているので、その筋肉を弛緩させることはしわ取りに効果的なのです。

ボツリヌス・トキシンによってしわ取りが可能なのは、顔のあらゆる場所に及びます。代表的なのは、ほうれい線や額のしわです。ほうれい線は顔に刻まれる最も大きなしわで、深くなればなるほど老けて見られてしまいます。額のしわも規模は小さけれど同様で、老けて見られる以外に、なんだか表情も悪く見えてしまいます。
その他、あごや眉間、鼻根、目尻など、ボツリヌス・トキシンが活躍する場所は多岐にわたります。美容外科のウェブサイトへ行くと、実際の症例写真を見ることができます。ボツリヌス・トキシンにより驚くほどスッキリとしわが取れている様子がわかるはずです。